よくある質問

よくある質問

メールでのお問い合わせはこちらから

  • 坪いくらで出来ますか?
  • ご希望の金額でできますが、見積りをするにあたってはまず設計図面を完成して使用商品を決めていただいてから見積りをします。そして、でてきた合計金額を建坪で割ると坪単価が出ます。

    平成20年2月現在で、私共が考える単価ですと施主様に引き渡してそのままで住める状態の建物で最低坪単価40万円は切らないほうが良いと思います。
    また、オール電化住宅にしてアルミサッシのガラスを複層ガラス・外壁サイディング材を厚さ16mm 金物工法、流し台はステンレスキャビネット対面式・洗面台1,200巾・浴室1.25坪・トイレ1F2Fウォッシュレットで1Fは手洗いカウンター付・・・で約坪単価50万前後が一つの目安だと思います。
    床材・壁材・階段材・下駄箱・ドア等の使用材によって坪単価は変わってきます。
  • 建築資金について・借り入れについて
  • 建物の見積りができますとそれに対して自己資金の金額により、足らない金額の借り入れをおこします。一般的には見積り金額プラス1割~2割の予算をたてていたほうが良いと思います。

    借り入れについては、各銀行等の住宅ローン・国民金融公庫などのお世話・取次ぎをいたしております。
  • 平面図・外観等 設計図面はどうなりますか?
  • まず、施主様の考え方(どんな家にしたいか・大きさ・部屋数・家族・将来のこと・単価等)を聞かせていただいてから自由設計で図面を作っていきます。その過程で何度も手直ししながら気に入った図面にします。

    まずは「図面が一番大事」だと考えています。
    図面が思うように完成した時点で施主様の安心感が半分以上あるのではないでしょうか。
    最近、意外と多いのは雑誌とか広告などの中にある図面を持ってきて、こんな感じで建ててほしいということがあります。ただ、それが敷地の中にうまく納まるとは限らない(方位や道路位置・駐車場)ので話し合いながら図面を少しずつ手直ししていきます。
  • 途中での設計変更はできますか?
  • 最初の計画段階ですと、いくらでも出来ますが市役所の建築課に確認申請の図面を提出して確認済みとなりますと変更図面の提出等 費用と時間がかかりますが変更は可能です。

    建前が終わって瓦を葺いてしまった頃に間取り等の変更がしたい場合になりますと、柱を抜いたり梁を入れたりと結構大掛かりな工事になりますがある程度なら可能です。ただ、階段の位置を変えるのは難しいと思います。
    付帯品等、流し台・ユニットバス・収納などは発注する前に再度、施主様に確認をとってからの注文になりますので完成1ヶ月前くらいまで変更は可能です。ただ、水まわり商品は給排水の位置がずれることがありますので要注意です。
    菊川建設ではできるかぎりの変更に対応していきたいと考えています。
  • 流し台とか浴室とか メーカーはどこを使いますか?指定できますか?
  • まず、どこのメーカー商品でも使えますし、指定してもらっても大丈夫です。他メーカーとの比較見積りもとれます。決定するにあたってはメーカーの展示場等を見ていただいて決めたらいいと思います。

    菊川建設では商品の比較をして同等品の物で、このメーカーの商品はこういう良い所があるけれどこういう欠点もあるとかのアドバイスが出来ると自負していますので、施主様に気に入っていただける商品を納得の上で決定できると思います。
  • 部分的に見積りから抜けますか?
    (畳屋さんが親戚にいるので使ってほしいとか、カーテンは自分で作るのでなど)
  • 可能です。

    畳・カーテン・照明・洗面台・下駄箱等はそのまま見積りからはずすだけですので問題はないのですが、下水工事・電気配線工事・基礎工事などの他工事とのかかわりがあるものは信頼関係が強くないと難しいので出来ない場合があります。
  • 外構工事はできますか?
  • できます。

    車庫・塀・門・門扉・ガーデニング それぞれに下請け業者がいますので、お気に入りのプランができます。
  • 諸手続きはできますか?
  • できます。
    • 建築資金の借り入れ
    • もし古い家を壊す場合は解体もできます。
    • 建築確認申請
    • 完了申請
    • 土地・建物の登記

    等の手続きは相談していただければお世話をしています。


菊川建設では建物を建てるに当たって、施主様の不安をいかに解消してあげられるか・・だと考えています。いろいろな質問に対して的確に答えられて実行していくこと。そして「住まい」という形にしていくこと・・・満足感を100%に近づけること・・・喜んでいただけることを誇りとして施工してまいります。